自分の手で水のトラブル解消!排水管の詰まりを自分で対処する方法

お風呂場で起こるトラブは内容と原因を見極めれば解決できる! お風呂場で起こるトラブは内容と原因を見極めれば解決できる!

業者を呼ぶ前に試してほしいこと

排水管の詰まりをすぐに改善できる応急処置

お湯(60℃)を流す
お風呂場の排水口が詰まってしまったとき、応急処置として簡単に対策できる方法があります。方法は、60度より低いお湯をゆっくりと排水口に向けて流すだけです。ポイントは、汚れが混じっていない少し高めの温度のお湯を流すというところです。お湯を流すと配水管にたまった油脂が溶けるため、髪の毛詰まりの水のトラブルも解消します。60度以上のお湯は、配水管を傷める恐れがあるため、注意してください。
針金を使い髪の毛をかき出す
一時的な応急処置法として、お風呂場での水のトラブルで、対策法に針金を使う方法があります。先端にブラシのようなものが付いていると、なおのこと便利です。針金は、配水管に下ろして髪の毛を引っかけて取り除くために使います。すぐに再発してしまう可能性が高いものの、応急処置としては有効です。汚れが手に付かないように、ゴム手袋などを着用して行うとよいでしょう。
ラバーカップを使う
トイレの詰まりを解消するために使う吸盤、ラバーカップを使用するという方法もあります。これは、お風呂場にある排水管で水のトラブルが起きたときの対策用として役立つ方法です。トイレの詰まり解消に有効なラバーカップですが、お風呂場でトイレほどの効果を得るように使用するには若干のコツがいります。もしもトイレでラバーカップを使っているなら、お風呂場でも試してみてください。汚れの種類や配水管の構造によって、詰まり対策となるでしょう。
重曹とお酢を使う
市販の薬剤を使って、お風呂場の排水口を掃除する方法があります。しかし、市販の薬剤は使用法を誤ると危険ですから、安全性の高い重曹とお酢を使ってみるのもおすすめです。方法は、重曹を排水口から流して、次にお酢を流すだけ。泡立ってきたら排水口の栓をして、半日ほど待ってください。仕上げにお湯を流すと、水のトラブルに悩まされない生活が送れます。

応急処置を知っていると快適なお風呂タイムになります

お風呂の時間は、ゆっくりと一日の疲れを癒せるくつろぎタイムです。そんな大事な時間を、髪の毛の詰まりなどで損なわれてしまうのはもったいないもの。自分で簡単な応急処置ができれば、水のトラブルによって大事な時間を邪魔されることもないでしょう。

TOPボタン